HOME > OK.ヨロシク > 2011年5月

東日本震災復興願います。

ゴールデンウイークのはじめを利用して

仙台の友人に紫紺クラブで募った義捐金を

実際に手渡するため、そして少しでも元気を

だしてもらうことが出来ればと有志の会員と共に

被災地に出向いてまいりました。

 

DSCF2203.jpg

 

当日は車に便乗して 仙台~石巻間をつなぐ仙石線に沿うようなかたちで

多賀城 塩釜をとおり 野蒜まで案内をしていただく機会を得ました。

 

DSCF2240.jpg                

 

 

友人会員の話から湾岸線にあったはずの 

漁村なるものが がげかたちを無くし

ねこそぎ津波にさらわれたさまを 突然目の前にすると

テレビや映像を通してみるそれとは まったく別のものと言わざるを得ないもので

こんなに簡単に、飲み込まれ消し去られてしまったことを 

うまく現実として捉えることの出来ない自分がそこにいました。

 

DSCF2223.jpg

 

DSCF2220.jpg

 

今回の地震とそれに伴う10メートル以上の津波がもたらしたものは、

文明の発達など及ぶ余地もない 

自然に対しての人間の無力さ はかなさを

これでもかと突きつけられ アンフェアーな現実は

いつでも背中あわせにあることを

忘れてはいけない教訓であることを

あらためて教えられたような気がします。

 

たかだか日帰りで仙台に行くだけなのに、被災覚悟で行くんだからと

先輩会員から言われた一言に 前の日に寝付けない自分がいて

だけど 何か行動しなければと思う自分がいて 

頭で考えるよるも 前に進む一歩がこれほどのことであるのかと

いまさらながら 思うことがあったことが

この旅の一番の収穫でありました。

 

DSCF2234.jpg

 

ご同行いただいた 明治大学紫紺クラブ 

西尾さん 弓田さん 宛木さん 滑川さん ありがとうございました。

 

仙台の 佐藤 建先輩 平野君 また伺います。

それまでお元気で

 

DSCF2238.jpg                               

 

 

                                                                                   平成23年4月30日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2011年5月11日